積極活用で安定の賃貸経営

集合住宅

心強いビジネスパートナー

賃貸不動産経営に深く関わっている、家賃債務保証会社を皆さんはご存知ですか。家賃債務保証会社は、家賃滞納や未納などのトラブルが起きた時に、家主や投資家に代わり家賃回収を行う業務を、専門に扱う会社の事です。この家賃債務保証会社に入居人が保証手数料を支払う事で、入居人に家賃未納や滞納があったとしても満額家賃を、保証会社が家主や投資家に対し支払います。家主は入居人の経済状況に振り回される事なく、保証会社が入居人の信用を担保してくれる為、安定した収入が得られるという大きなメリットがあります。また、家賃が支払われない事により発生する、入居人とのトラブルも心配なくなる事から、家主や投資家にとっては心強いビジネスパートナーといえるでしょう。契約面でも利点があり、年金生活者や外国人、低所得者のような契約をためらう様なケースでも、安心して契約する事ができる点も評価されています。この事で家主にとっては入居者の間口を広げる事ができ、入居率アップに繋がる事で、安定した賃貸経営が行えます。家賃債務保証会社の良い所は貸す側だけでなく、借りる側からのニーズの高さがある点です。日本においては外国人が部屋を借りるのは非常に難しく、なかなか借りる事が出来ない現状があります。また、高齢者社会において、高齢者が連帯保証人をつけるのが難しいという社会情勢もありますので、時代のニーズにぴったりなサービスといえるでしょう。外国人や連帯保証人がいない人だからといって入居を拒んでいると、空室問題に悩まされ人口減少時代に賃貸経営で生き残る事が難しくなります。また保証会社によっては家賃のほかに、光熱費や共益費などを保証してくれるところもあるので、オーナーにとっては助かると思います。